機能

ここまで、「Facebookとは」について、Facebookの成り立ちや背景等を解説してきましたが、ここではFacebookでの各機能をざっくり紹介します。
※各機能の詳細につきましてはまた機会があれば

あまりマニアックな情報をお伝えしても仕方ないのでさらっと説明をしていきます。


機能一覧

もちろん、山のようにあるFacebookの機能を、ここで全部挙げるわけではないですが、ざっくりとユーザーが一般的に利用できる機能の方を列挙します。


・プロフィール登録
これは言うまでもなく、どこのSNSでもできることですが、特にFacebookは出身地や出身校、在籍会社等、個人情報の特定につながる項目が多く、個人情報が広がる危険もありますが、 疎遠になってしまった知り合いを見つけやすいメリットもあります。
※他のSNSはほとんどこういった個人を特定しやすいプロフィールの入力項目はありません


・近況
よくある自身の近況等をつぶやく用の簡易投稿機能です。
記事投稿と同時に画像アップや動画アップなどはできませんが、URLを文中に入れると自動リンクされ、WEB上の情報でしたら同時に紹介できます。
投稿後はウォールという、自身のホームページにあたる部分に時系列に表示されるようになります。
何かつぶやくと友人のページにも載るため、リアルタイムで周りの人の近況がわかり、これが一番交流の元となっています。


・アルバム
写真・動画、ともに自由にアップできます。
これも他のSNS等でもよくあるアルバム機能に近いのですが、ただの自分の倉庫でなく、写真・動画をアップするとアップした情報が友人にもお知らせされます。
また、その写真・動画にもコメントが書き込めるため、友人と一緒に撮った写真等を載せ、その話題で盛り上がる、といったよいコミュニケーション材料になります。
またタグづけといって、誰々と一緒に写っています、と写っている友人情報も公開、さらにその友人のページにもお知らせが載るようにできるため、友人の友人にも広く情報が伝わります。


・Facebookページ
無料ホームページスペースのようなサービスで、あらかじめほとんどできているテンプレートを選んで、個人のページのように管理者が情報を発信したり、閲覧者が投稿したりできます。
また、希望により、自身が保有しているウェブサイトをFacebookページとして読み込ませることも可能です(よほど自由にサイトを作りたい場合用)。

公開にしたFacebookページは検索エンジンにインデックスされ、またFacebookドメインのSEO効果の強さから、しばしば普通にホームページを開くより検索で上位に表示されやすくなります。
なお、セキュリティは全公開か全非公開、他は、地域別公開(海外からのアクセスを禁止等)くらいで、コミュニティのような、ある程度のユーザーだけに情報を提供するような目的には向きません。
※いいねを押した人だけにお知らせを流すような仕組みは作れますが、公開範囲を限定したい場合は後述するFacebookグループを使うとよいかと思われます。


・Facebookグループ
Facebookはログイン型のシステムにしては珍しく、ユーザーのプロフィールページ、およびFacebookページ(企業のアカウントでの宣伝ページ等)は、検索結果に表示されます。
が、そんな中で少しセキュアなやり取りや近しい仲間だけでの連絡や会話を楽しみたい人用に、一般的なSNSにあるコミュニティ機能のようなものが、Facebookグループになります。
グループ開設をして、管理人がメンバー登録をして、その範囲内でのみ公開されるタイムライン上での会話(通常の個人のタイムラインのような状態)が楽しめます。
他、グループ限定でのイベントの開催、また、それの出欠を取る機能などもあり、大変便利です。


・いいね!
Facebook最大の特徴とも言えるシステムです。
つぶやきでも、何かアップした写真でも、プロフィールを変えたことですら、とにかくユーザーが何かアクションをして、その人のページに表示されている情報には、 すべて「いいね!」というリンクがボタンが表示されています。
これを押すと、その情報に、誰が「いいね!」を押したかわかり、またこれまで何件その情報に「いいね!」されたかわかるようにできています。
一種の人気投票のようになるので、みんな積極的にいい情報を提供するようになり、また、見る側も多くの「いいね!」を集めた情報は注目しますし、そういう意味で旬な情報提供に役だっているシステムです。
他のサービスでも、ペタや、☆等、何か投票システムがあるものは多くありますが、ここまでそのひもづけがはっきりしているものは珍しいです。


・シェア
上記いいね!にかなり似ている仕組みですが、いいね!がその投稿内容についての投票で、その価値を高める機能とすると、こちらは、宣伝用機能です。
Facebook内の投稿でも、その他のウェブサイトでも、シェアボタンがついているページでそのボタンを押すと、押した人のタイムライン上に、**さんは**のページをシェアしています、のように表示され、 そのページのキャプチャー画像や、サイトへのリンク等が表示されます。
タイムラインは自身の友人、設定によっては、関係無い人にも見えるので、その人自身の興味のあるコンテンツ、として、宣伝効果が高いです。

※上記いいね!とシェアはユーザーの印象操作的な用途にも使えるため、新商品のプロモーションサイトなどを作り、いいね!ボタンを設置、それを有料でクリックしてもらう手法等も広がってきています。


・Facebookグループ
Facebookはログイン型のシステムにしては珍しく、ユーザーのプロフィールページ、およびFacebookページ(企業のアカウントでの宣伝ページ等)は、検索結果に表示されます。
が、そんな中で少しセキュアなやり取りや近しい仲間だけでの連絡や会話を楽しみたい人用に、一般的なSNSにあるコミュニティ機能のようなものが、Facebookグループになります。
グループ開設をして、管理人がメンバー登録をして、その範囲内でのみ公開されるタイムライン上での会話(通常の個人のタイムラインのような状態)が楽しめます。

他、グループ限定でのイベントの開催、また、それの出欠を取る機能などもあり、大変便利です。


・各種セキュリティ機能
あまり使いこなしている人は少ないですが、Facebookは全般的に、検索エンジンを含むすべてに対して情報をオープンにしたり、友人のみに公開にしてクローズドな状態で仲良い人の間で楽しんだり、 かなりセキュリティ設定が自由にいじられます。
また、あまり知られていませんが、全体のセキュリティ設定の他、自身の新規近況を他人に公開するかどうか、や、特定のアルバムだけ、友人のみに公開、のように、部分的にセキュリティの設定を変更することも可能です。
これにより、きちんと設定を使いこなせば、twitterのように大勢に情報を公開したり、個人のブログのように近しい人との内輪での盛り上がりをしたり、同じFacebook内で同時に楽しめます。