Facebookとは

概要

Facebookとは、

Facebook, Inc.の提供する、今もっとも世界で多くの人が利用している、SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)です。
日本では、同じSNSとしては、かつては、mixiやGREEが、若者達の愛用するSNSとして定番ではありましたが、世界規模で考えると、検索エンジン上で内容が検索できることなどもありまして、 幅広く利用しやすいようで、Facebookユーザーの方が現状でははるかに多いようです。
現在は日本でも広く普及し、mixi、twitterと並んで、多くのネットユーザー、果てはあまりインターネットに詳しくない若者も、スマートフォンで簡単に利用できるため、すっかり定番利用のサイトとなってきました。

基本的な部分は、ユーザー間の友達機能やメッセージのやり取り、つぶやきによる近況報告、仲間内でのグループページの開設等、よくあるSNSの機能をだいたい網羅しています(それプラスFacebookだけのオリジナル機能も)。


変遷

2004年にアメリカ合衆国の学生向けにサービスを開始、当初は学生のみに限定して公開しておりましたが、2006年9月26日以降は、一般向けにもサービス利用が開放されました。
日本語版Facebookは、2008年に公開。
13歳以上であれば無料で参加できるものとされ、実名登録制という当時では珍しいSNSでした。
会員登録時に個人情報の登録も必要となっています。
当初は実名登録が必須とうたっていましたが、実際には個人情報さえ入れていれば、匿名登録可能だったため、あくまで、実名推奨、くらいに落ち着いています。

公開後、急速にユーザー数を増やし、2010年にサイトのアクセス数がGoogleを抜き話題になり、2011年9月現在、世界中になんと、8億人のユーザーを持つ世界最大のSNSとなっております。


国内展開

2008年5月、日本語化されたインターフェイスを公開。
これは運営側が翻訳を行った訳ではなく、ボランティア利用者がサードパーティの翻訳アプリケーションを使っての無償作業の成果であった。

5月19日、CEOのマーク・ザッカーバーグが日本で記者会見を開き、翻訳に関わったすべての利用者に感謝を示した。
同日夜にはFacebookの開発者向けイベント「Facebook Developer Garage Tokyo」が東京渋谷区で開催された。
日本ではmixi、モバゲータウン、GREEなどの既存SNSや、参入してから各メディアに取り上げられたTwitterに押されて、普及が進んでおらず、「フェイスブック後進国」とも呼ばれている。

前田邦宏(関心空間創業者、玉川大学経営学部非常勤講師、東京大学大学院情報学環客員研究員)は、これらの要因として、 「日本人と海外との人間関係の数」がそもそも少ないこと、mixiなどの既存SNSがユーザーを押さえていること、 「グローバルなネットワークというメリットが日本人にとって弱い」ことを挙げている。

前田はさらに、Facebookのアカウントは実名と本人の顔写真、実社会でのプロフィールの登録が義務づけられているが、 「それらを誇れる人にとっては有効なのですが、コンプレックスを感じる人にとっては見えない壁を感じる」と指摘している。
さらに「英語でのコミュニケーションができなければ、メインとなるネットワークの中に全く入っていけません」とも指摘している。
2010年2月、アメリカ以外では初となる海外法人を日本に設立。代表にはYahoo! JAPAN出身の児玉太郎が就任(役職はカントリー・グロース・マネージャー)。

日本国内の利用者数は2010年12月で約308万人。2011年9月末に1000万人を超える。
フェイスブック・インコーポレイテッドは日本国内で「Facebook」(称呼はフェースブック)を2007年11月21日に、 「フェースブック」と「顔本」(称呼はカオホン、ガンホン、ガンポン)を2010年5月25日に商標出願している。


利用方法

このページでは、やや固いFacebookというSNSの内情や仕組みの説明をしていましたので、次ページではもう少し噛み砕いてFacebookでは何をできるのか簡単に説明します。