他SNSとの差異

プロフィール機能、掲示板的な機能、メッセージやアルバム等、ほぼ現存するSNSのほとんどが備えているような機能はFacebookにも搭載されています。
ですが、他との差別化のためであったり、Facebookが他の有名SNSサイトや、コミュニケーションサイトに比べて流行った要因は結構このFacebookだけにある、機能の独自性でした。
細かなところを挙げていくと、他SNSとは、以下のような違いがあります。


他SNSにはあってFacebookには無い機能

以下のように、割と、他SNSでメジャーな機能なのに、Facebookには無いものもありますが、これらは、大きくFacebookの評価を損ねるほどでは無いようです。
どちらかと言えば、これらの機能はユーザーに人気があったり、重要視されているものではないので、 Facebookとしては余計なものに力を入れず、機能数を絞って人気なものに力を入れて特化した感じです。

日記機能

多くのSNSには自身の状況を人に知ってもらう目的等で、日付に関連付けて、日記を書くことができます。
Facebookでは、日付に関連付ける要素としては、近況(数行のメモ程度書き込める)がありますが、他のSNSの日記が大量の文章&画像でその日の記録が書けるのに対して、 Facebookの近況は、ほぼ「つぶやき」レベルとなっています(もちろん長くも書けますが、「続き」のリンクになり、知り合いのものを一気に見れたりはしない)。

また、別途、Facebookの方には、メモ機能もありますが、こちらは特にカレンダー式とかでもないので、日記として、というより、 単純に、コラムとして書き込んで、友人に見せる形で、リアルタイム性はほとんどないものになります

コミュニティ機能

こちら、ほとんどのSNSでは搭載されている機能で、あるテーマに沿ったクラブのようなものを作り、入会申請した人達だけで、掲示板を盛り上げたり、情報を公開する仕組みです。
似たような機能で、Facebookページという、みんなが見れる公式ページみたいなのを作り、そこに共有、という登録操作みたいなのを行うことで、 実質的に会員制のような制度は作れますが、ちょっと会員制と言うには使いづらく、もっとはっきりと趣味のグループ、みたいな位置づけにはしづらいですし、コミュニティ機能は無いと思ってよいでしょう。

※2012年にほぼコミュニティ機能にあたる、Facebookグループ機能が搭載されました。

足あと

これはSNSや、一部ブログ等にコミュニケーションツールのついたサイトに搭載されている、自身のページ誰が訪問してきたかの確認機能です。
ユーザーごとにアバター等で部屋や、自身をカスタマイズできるサービスなどでは、人気の人、有名人などはどんどん訪問客が増えるので、この訪問履歴が見える足あと、という仕組みも楽しいものです。

Facebookでは、ユーザーからの要望が少ない、もしくは・・・あまりのユーザーの規模で、このデータを保持しておくのがきつい(エンジニア視点からは想像されますが)、などの理由で搭載しないのでは、と思います。

※2013年現在mixiでも厳密なあしあと機能は無くなっており(一週間分の統計報告などに変更)、どこのSNSもこの機能はあまり使わせたくない様子です。


他SNSには無くてFacebookにだけある機能

ここでは他SNSにあって、Facebookに無い機能を挙げていましたが、次ページ他SNSとの差異2では、他のSNSになく、Facebookにある機能について説明します。